2021年4月

1/3ページ

2021年4月28日の相場状況まとめ

今日の日経平均株価は前日比56.38円安で寄り付きスタート。寄り直後に下げ幅を3桁まで拡大しましたが、安値を付けたあとはすぐに切り返し、プラス圏を定着させ堅調に推移。ファナックやデンソーなど好決算を発表した主力銘柄に買いが入り相場を支える形となりました。

2021年4月27日の相場状況まとめ

今日の日経平均は前日比+48.30円高で寄り付きスタートするも、開始そうそうマイナス圏に突入。手がかり材料に欠けるなかしばらくは前日終値付近でのもみあいが続きましたが、利益確定や手仕舞いの売りに押され次第に下値を探る展開へ。最終的には大引け直前に今日の安値を付けて取引を終えました。

2021年4月26日の相場状況まとめ

前週末のアメリカ市場が3指数そろって上昇したことを受け、前日比+74.86円高で寄り付きスタートしました。台湾、韓国など、アジア市場の上昇を手がかりに買いが優勢となり、前日比+200円超まで上昇する場面もありましたが、その後は伸び悩みながらも堅調に推移し取引を終えました。

2021年4月23日の相場状況まとめ

バイデン政権が掲げるキャピタルゲイン課税強化が嫌気され、前日のアメリカ市場は全面大幅安。これを受けて日本市場も前日比-249.05円安と大幅に下落してスタートしました。来週から本格化する決算発表を控え、また週末要因も重なり「見送りムード」が強く、開始早々に下げ幅を前日比-400円超にまで拡大しました。

2021年4月22日の相場状況まとめ

前日のアメリカ市場が3指数ともにそろって大幅反発したことを手掛かりに、押し目買いも入り、前日比+372.23円高と大幅上昇で寄り付きスタート。2日続落で1,100円を超す下げ幅となり、自律反発を狙った買い物が幅広く集まり、ジリジリと上げ幅を拡大。オランダの半導体製造装置大手ASMLホールディングの好決算を受け、前日のSOX指数も上昇。これを受け、東京エレクトロンやアドバンテストなど半導体関連株が軒並み上昇し、日経を押し上げ、高値圏で取引を終えました。

2021年4月21日の相場状況まとめ

前日のアメリカ市場が大幅に下落した流れを引き継ぎ、前日比-440.02円安でスタートしました。コロナウイルスの世界的な感染拡大に歯止めがかからず、景気敏感株の鉄鋼や非鉄などを中心に警戒売りに勢いがつきほぼ全面安となりました。後場には買い手不在の中で売りだけが急がれる形となり、一時下げ幅を前日比-700円安にまで迫る場面もありました。

2021年4月19日の相場状況まとめ

今日の日経平均は、前日比+4.95円高で寄り付きスタート。開始早々、すぐにマイナス圏に沈み、一時前日比-157円程まで下げ幅を拡大しましたが、29,500円付近を底に買いが入り、値を戻し再びプラス圏に浮上しました。後場はアジア市場が上昇していることから、上げ幅を拡大して始まり、29,800円台まで値を乗せる場面もありましたが、14時過ぎには売りに押され下げに転じました。

1 3