黄金月の到来?もっとも上昇しやすいといわれる11月の相場傾向とアノマリー

黄金月の到来?もっとも上昇しやすいといわれる11月の相場傾向とアノマリー

こんにちは、最近クラフトビールにはまっているほくちゃんです。
秋に飲むビールもおいしいですね (^O^)

今年も残すところ、あと2ヵ月となりました。
11月はどんな相場傾向があるのでしょうか?

結論から言うと、11月は「1年のなかでもっとも上昇しやすい月」と言われています。

どんな要因があるのか気になりますね!
それでは、11月の相場傾向とアノマリーについて見ていきましょう。

11月、10年連続上昇となるか!?

11月は日経平均・TOPIXともに過去10年間で見た騰落率(月末比)が9勝1敗と高勝率の月です。

2012年から2020年までの過去9年間のTOPIXで、すべて11月は上昇していました
米国S&P500もTOPIX同様、過去2回の大統領選も含めた11月で9年負けなしとなっています。

このデータを見ると、11月はちょっと期待したくなってしまいますね・・・!

海外投資家の動向に注目

10~12月は、上期決算時に業績が修正されやすいといわれています。

日本の業績変化率が米国を上回るケースが多くなると、海外投資家が日本株へ資金をシフトし、決算の出そろう11月を含む10~12月に日本株を買い越す傾向があるため、より一層株価が上昇しやすいと言われています。

ブラックフライデー

ブラックフライデーとは、11月の第4木曜日に行われるアメリカの感謝祭(サンクスギビングデー)の翌日の金曜日のことで、アメリカではこのブラックフレイデーからクリスマス商戦が始まり、一年で最も買い物が行われ、黒字になることから名付けられました。

ブラックフライデーを迎えると、株価が強含みしやすい傾向があります

サイバーマンデー

サイバーマンデーとは、11月の第4木曜日に行われるアメリカの感謝祭(サンクスギビングデー)の次の月曜日のことで、ブラックマンデーでは実店舗での買い物が急増する一方、オンライン店舗は感謝際の休暇明けの月曜に買い物が急増することから、ブラックマンデーと同じようにサイバーマンデーと呼ばれるようになりました。

ブラックマンデーから継続して相場が強含みしやすく、相場の転機となりやすい傾向があるようです。

ヘッジファンドの売りに注意

先行き不安がある時期や、逆に十分利益が出ている場合など、利益確定をする投資家が増えると、12月決算のヘッジファンドの45日ルールに従って11月15日あたりからファンドの解約による換金売りが出やすくなります

そのため株価が大きく下落する可能性があり、注意が必要です。

まとめ

以上、11月の相場傾向とアノマリーでした!

11月は何かと期待できそうですね!

12月に向けて、相場がどのように転換するのか?気になるところです。

良い年末を迎えられるよう、気を抜かず投資に向き合っていきましょう(/・ω・)/

(おわり)