2021年1月15日の相場状況まとめ

2021年1月15日の相場状況まとめ

こんにちは!
今夜はケンタッキーのチキンで晩酌予定のほくちゃん(@hokublo)です♪
1月15日の相場状況まとめました!それではみていきましょう!

今日の株式市場

15日の日経平均は、前日比-179.08円安い28,519.18円で6日ぶりの反落となりました。

前日の米国市場

NYダウ:-68.95-0.22%
NASDAQ:-16.31-0.12%
S&P500:-14.30-0.38%
※前日比

アメリカは3指数ともに下落。
寄り付きは期待感から小幅高でスタートするもバイデン次期大統領の経済発表を控え、引け近くに様子見ムードが高まりそろって下落しました。

国内市場

日経平均の寄り付きは前日比+78円高でスタート。
まさか今日もやる気なのかとドキドキしましたが、さすがに一服となりました。笑

バイデン次期大統領の景気対策案の発表を受け買いが先行したようですが、すでに期待は織り込まれており、予想通りだったと市場は反応。

ダウ先物も軟調な動きだったこともあり、下げ幅は一時200円を超えました。
日経寄与度の大きいファストリも好決算の発表を受け利益確定売りで2.85%下落。
エムスリー、ダイキンなどの値がさ株も下落しました。

ここ数日の過熱感を警戒する売りと、週末の手仕舞い売りで6日ぶりの反落、やっと一息といった感じですね。

循環物色でマザーズは好決算銘柄を中心に上昇しました。

日経平均

28,519.18円

(前日比-179.08円/-0.62%

TOPIX

1,856.61p

(前日比:-16.67p/-0.89%

マザーズ

1,217.51p

(前日比+9.97p/+0.83%

※p=point

東証一部売買代金

2兆8376億6300万円
(前日比:+1020億9700万円)

東証一部出来高

12億3956万株
(前日比:+970万株)

投資主体別売買動向

※2021年1月第1週(1月4日~1月8日)NEW!

個人:-2821億8829万7000円の売越し
海外投資家:+3647億3659万2000円の買越し

(毎週木曜日、JPXより公表)

やっぱり!海外投資家が買越してきてますね。
そして案の定個人の弱気の売り物が海外投資家の餌食と…( ゚Д゚)))

空売り比率

40.1%
(価格規制あり:32.4% / 価格規制なし:7.7%)

※JPX 空売り集計データより引用

空売り比率も40%超えてきました。
機関の思惑的な空売りが仕掛けられているのかもしれません。

恐怖指数

日経VI指数:23.04%(+1.11)
米国VIX指数:23.25%(+1.04)

恐怖指数も少しずつ上げてきていますね・・・!

日銀のETF買い状況

日銀入ってました!
今月2回目の501億円!

業種別騰落率ランキング

本日の値上がりは鉱業、ゴム製品、空輸業、石油・石炭製品の4業種のみ。
値下がりは、輸送用機器、繊維を含む19業種。

(世界株価より引用 https://nikkei225jp.com/nikkei/gyoushu.php

本日の活況銘柄

直近IPOのバルミューダ、エネチェンジが共にストップ高。
好決算のキャノン
引き続き絶好調のエヌピーシー
神栄、不二精機、助川電気、ルネサスもまだまだ賑わってます。

(株探より引用 https://kabutan.jp/warning/?mode=2_9

まとめ

今日は6日ぶりの下落となりました。
材料出尽くした感じでしょうか。

20日の大統領就任式を前に、思惑的な動きも見え隠れしてきました。

新月過ぎると下落するアノマリーが不思議と当たっている・・・笑
来週はどうなるのか?楽しみにしたいと思います!

当ブログは情報の提供を目的として運営しており、投資の勧誘を目的とするものではありません。
株式投資等の売買につきましては、自己責任にて行なってください。
当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動した場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当ブログのコンテンツについて、できる限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっている場合があります。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
念の為、掲載情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。