2021年1月26日の相場状況まとめ

2021年1月26日の相場状況まとめ

こんにちは!
ほくちゃん(@hokublo)です。
1月26日の相場状況まとめました!それではみていきましょう(‘ω’)ノ

今日の株式市場

26日の日経平均は、前日比円-276.11安の28,546.18円で反落して終えました。

前日の米国市場

NYダウ:-36.98(-0.12%)
NASDAQ:+92.93(+0.69%)
S&P500:+13.89(+0.36%)

25日のアメリカ市場はコロナ対策景気支援案の遅れを懸念した警戒感が漂う中、コロナ対策医療顧問のファウチさんが「現行のワクチンって変異種に効かないかもー。」と危惧し、さらには民主党上院総務のシューマーさんが「景気支援案の成立は早くても1ヵ月とか、1ヵ月半後じゃない?」と述べ、市場はいくらなんでも遅すぎだよ!と失望。
一時下げ幅はマイナス430ドルまで拡大しました。

しかしバイデン大統領は「頑張って対策推し進めるから!」と強調したことで下げ幅を縮小しました。
NASDAQは好決算発表が期待されてか、アップルテスラなど主力ハイテク株が軒並み上昇し、5日連続続伸となりました。

国内市場

寄り付きは125.99円安でスタート。
ワクチン普及の先行き不透明感が日本株にも影響し、景気敏感株の売りが目立っていましたね。
日本だけでなく、アジアの株式市場も大幅安となっていたことから下げ幅を拡大していきました。
ファストリ、キーエンス、エムスリーなどの値がさ株が大幅安となりました。

マザーズは好決算の弁護士ドットコムや、ヘッドウォータースが上昇した一方、BASEプレイドが大幅に下落。ここにきて一服となりました。

日経平均

28,546.18円
(前日比-276.11円/-0.96%

TOPIX

1,848.00p
(前日比:-14.00p/-0.75%

マザーズ

1,270.50p
(前日比-30.62p/-2.35%

※p=point

東証一部売買代金

2兆3130億5100万円
(前日比:+2080億700万円)

東証一部出来高

10億7061万株
(前日比:+5416万)

投資主体別売買動向

★1月21日更新

個人:+537億7844万1000円の買越し
海外投資家:+2614億414万4000円の買越し

まだまだ海外投資家は買越しています。強気ですね!
個人もこの上昇には乗らなくてはと不安ながらも買越していますね^^

(毎週木曜日、JPXより公表)

空売り比率

41.4%(+3.0%)
(価格規制あり:33.3% / 価格規制なし:8.0%)

※JPX 空売り集計データより引用

空売りが増えてきましたね。

恐怖指数

日経VI指数:22.82%(+1.92)
米国VIX指数:23.19%(+1.28)

日銀のETF買い状況

おっとー
日銀買い入れなしでした。

業種別騰落率ランキング

電気・ガス業、「サカタの種」が大幅上昇で水産・農業、食料品、医療品の4業種が値上がり、海運業、ゴム製品など29業種が値下がり。

(世界株価より引用 https://nikkei225jp.com/nikkei/gyoushu.php

本日の活況銘柄

直近IPOのオーケーエムは昨日に引き続き登場。
上髭陽線からの本日は長ーい上髭の陰線!
ワクチン関連でおなじみのツインバードが大幅高。
続伸中のキャノン
野崎印刷紙業の急激な出来高増が気になります…なぜ?(‘ω’)
BASEは大幅下落となりましたね。
好決算+上方修正のインソースは上昇。

(株探より引用 https://kabutan.jp/warning/?mode=2_9

まとめ

本格的な決算を控えて強気でいくのかと思いきや、高値警戒の動きが強いですね。

明日(米国本日)はFOMCの結果発表に、マイクロソフトの決算発表があります。
空売り比率も、VIX指数も高まり、様子見、様子見、慎重にといった空気が漂っていますね。
明日の株価はどうなるか? それではまた明日(/・ω・)/

当ブログは情報の提供を目的として運営しており、投資の勧誘を目的とするものではありません。
株式投資等の売買につきましては、自己責任にて行なってください。
当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動した場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当ブログのコンテンツについて、できる限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっている場合があります。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
念の為、掲載情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。