2021年2月3日の相場状況まとめ

2021年2月3日の相場状況まとめ

こんにちは!
ほくちゃん(@hokublo)です。
2月3日の相場状況まとめました!それではみていきましょ~(^^)/

今日の株式市場

3日の日経平均は、前日比+284.33円高の28,646.50円と3日続伸して終わりました。

前日の米国市場

NYダウ:+475.57(+1.57%)
NASDAQ:+209.3
8(+1.56%)
S&P500:+52.45(+1.39%)

2日のアメリカ市場は3指数ともに大幅続伸となりました。
今回の株価下落の原因となった、ゲームストップAMCエンターテイメントの株価が、相次いで大幅続落、同じように投機買いされたと言われた銀先物も7%超下落となり、もう大丈夫だね!と完全に安心感が広がったようです。

あわせて、難航するかと思われていた追加経済対策も、財政調整法を使うと伝わり、案外早く決まるかも!と市場は期待。
引け後に発表される、アマゾンアルファベットの決算にも期待が集まり、いい感じに引けました。

国内市場

アメリカ市場のいい感じの雰囲気を引継ぎ、日経平均は120.54円高で寄り付きスタート!
アメリカの時間外取引で、アマゾン、アルファベットの株価が上昇している事で、日本市場もリスクオンムードに。
為替も1ドル105円前後まで円安が進み、日経を押し上げました。

昨日好決算を発表したデンソートヨタ、スバルなどの自動車関連株に買いが集まりました。
コロナ感染者数が減少傾向にあることから、ANAJALなどの空輸、JR東などの鉄道株もよく買われていましたね。

半面、これまで無敵の強さを誇っていた半導体が弱かったですね。
東京エレクトロン、レーザーテック、ディスコ、スクリン、アドバンテストなどが軒並み下落しました。

日経平均

28,646.50円
(前日比+284.33円/+1.00%

TOPIX

1,871.09p
(前日比:+24.07p/+1.30%

マザーズ

1,258.96p
(前日比:+5.48p/+0.44%

※p=point

東証一部売買代金

2兆7863億1000万円
(前日比:+2090億2800万円)

出所:株式マーケットデータ

東証一部出来高

11億6898万株
(前日比:+2億540万)

投資主体別売買動向

★1月28日更新

※2021年1月第3週(1月18日~1月22日)

個人:+1700億7353万7000円の買越し
海外投資家:-1340億2057万5000円の売越し

ここにきて海外投資家売り越してきました!
上値の重い展開はこのためだったのでしょう。
個人は反対に買い越してますね。

(毎週木曜日、JPXより公表)

空売り比率

38.3%(-0.6%)
(価格規制あり:31.9% / 価格規制なし:6.6%)

※JPX 空売り集計データより引用

恐怖指数

日経VI指数:21.28%(-2.28)
米国VIX指数:25.56%(-4.68)

まだ警戒は残りますが、各恐怖指数も落ち着いてきましたね。

日銀のETF買い状況

買い入れ無し

業種別騰落率ランキング

コロナ収束を見越した買いが集まり、空運業、陸運業、海運業など値上がり上位。
32業種が値上がり。
パルプ・紙の1業種のみが値下がり。

(世界株価より引用 https://nikkei225jp.com/nikkei/gyoushu.php

本日の活況銘柄

値上がり銘柄

明日(2月4日)決算を控えた三菱UFJ。好決算が期待されての上昇でしょうか。
コロナ収束期待から、JAL、ANA、JR西日本、JR東日本にも買いが集まっていますね。
場中決算発表のあった丸紅、三菱ケミHD、三菱商事、郵船が盛り上がっています。
引け後発表の好決算を期待してか、ソニー、パナソニックも上昇。

値下がり銘柄

これまで上昇相場の牽引役だった、村田製作所エムスリーが売られています。

(株探より引用 https://kabutan.jp/warning/?mode=2_9

まとめ

今日の活況銘柄は相場全体の動向がよく表れていました。
これまで上昇相場を牽引していた、半導体や、電子部品が売られ、コロナで打撃を受けた銘柄に買いが集中してましたね・・・!

暴落予想からのまさかの3日続伸
さすがに明日はねーと期待していない空気感ですが、果たして29,000円付近に出来た抵抗線をこのまま突破してしまうのでしょうか!?
それではまた明日(´▽`)

当ブログは情報の提供を目的として運営しており、投資の勧誘を目的とするものではありません。
株式投資等の売買につきましては、自己責任にて行なってください。
当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動した場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当ブログのコンテンツについて、できる限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっている場合があります。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
念の為、掲載情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。