2021年2月15日の相場状況まとめ

2021年2月15日の相場状況まとめ

こんにちは!
ほくちゃん(@hokublo)です。
2月15日の相場状況まとめました!それではみていきましょう☆☆

今日の株式市場

祝!30,000円突破(∩´∀`)∩
15日の日経平均は、前日比+564.08円高の30,084.15円と大幅反発し、30年半年ぶりに30,000円の大台に乗せました!

前日の米国市場

NYダウ:+27.70(+0.09%)
NASDAQ:+69.70(+0.50%)
S&P500:+18.45(+0.47%)

12日のアメリカ市場は、3連休前の週末ともあり上値は抑えられていた感じでしたが、3指数ともに堅調に推移し、最高値更新し引けました。
ワクチン接種も急速に進み、経済対策も思いっきりやるべきとイエレン財務長官の発言もサポートとなり、株価を下支え。
VIX指数も一年ぶりに20を下回りました。

国内市場

日経平均株価は+142.34円高と買い先行で寄りつきスタート。
取引開始前に発表された20年10月~12月実質GDPが市場予想を上回り、ワクチン接種にも目途がたってきた事もあり、09:06には上げ幅300円を突破、09:10には400円突破とみるみる上昇。

まさか!今日なのか?!と思っていると、9:23ついに30,000円をタッチしました!
もう、ひとまずタッチしたくて仕方がないといった感じでしたね。笑

その後直ぐに30,000円は割ったものの堅調に推移。
後場に入っても前場の好地合を引きつぎ、ほぼ同水準でスタート。
引けにかけて一段高となり、30,000円台を維持し、ほぼ高値引けとなりました。

日経平均

30,084.15円
(前日比+564.08円/+1.91%

TOPIX

1,953.94p
(前日比:+20.06p/+1.04%

マザーズ

1,314.30p
(前日比:+2.73.p/+0.21%

※p=point

東証一部売買代金

2兆6038億4200万円
(前日比:-4163億6800万円)

東証一部出来高

12億7591万株
(前日比:-4844万株)

投資主体別売買動向

★2月12日更新

※2021年2月第1週(2月1日~2月5日)

個人:-4041億7107万6000円の売り越し
海外投資家:+4215億4837万3000円の買い越し

来ました!海外勢が案の定買い越して来ました!
ほぼ同じ金額、個人が売り越していますね…。

(毎週木曜日、JPXより公表)

空売り比率

33.8%(-5.3%)
(価格規制あり:27.6% / 価格規制なし:6.2%)

※JPX 空売り集計データより引用

恐怖指数

日経VI指数:22.39%(+0.12)
米国VIX指数:19.97%(-1.28)

米国VIX指数は一年ぶりに20%を割ってきました!

日銀のETF買い状況

買い入れ無し

業種別騰落率ランキング

原油高の影響を受け鉱業セクターの国際石油開発帝石が6%超の上昇、石油・石炭製品の出光興産、ENEOS、日本コークス鉱業も上昇。
金利上昇を受け、銀行業、証券業も値上がり。
値上がりは28業種。
先に買われていた空運、ゴム製品、海運業など5業種が値下がり。

(世界株価より引用 https://nikkei225jp.com/nikkei/gyoushu.php

本日の活況銘柄

値上がり銘柄

新規IPOのQDレーザー半導体が復活したこともあり活況トップ。
引き続き、金利上昇期待で、三菱UFJ、三井住友FG、りそなHD、などの銀行が強いですね。
まだまだ強い、仮想通貨関連のマネックスG、CAICA
12日の決算を受け、内視鏡事業が好調のオリンパスが急伸。
BASEは10日に赤字転落の決算発表するも、直ぐに拾われ本日は6%超の上昇。
コロナでアウトドアが人気に、スノーピーク24%上昇で大陽線形成。

値下がり銘柄

売りに押されてきたか?赤字縮小の上方修正を出したファーマフーズ。
赤字拡大で着地となった楽天

(株探より引用 https://kabutan.jp/warning/?mode=2_9

まとめ

ついに日経平均株価は30年半ぶりに30,000円台にのせてきました!
まさか、中国、アメリカともに休場で薄商いの今日にいくとは思いませんでした。
ここまでくると売り込む材料もなく、買い優勢の地合いが続きそうですね。
それではまた明日!明日も投資を楽しみましょう(‘ω’)ノ

当ブログは情報の提供を目的として運営しており、投資の勧誘を目的とするものではありません。
株式投資等の売買につきましては、自己責任にて行なってください。
当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動した場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当ブログのコンテンツについて、できる限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっている場合があります。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
念の為、掲載情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。