2021年3月2日の相場状況まとめ

2021年3月2日の相場状況まとめ

こんにちは!
ほくちゃん(@hokublo)です。
3月2日の相場状況まとめました!それではみていきましょ~(゜-゜)/

今日の株式市場

2日の日経平均は、前日比-255.33円安の29,6408.17円と反落して取引を終えました。

前日の米国市場

NYダウ:+603.14(+1.95%)
NASDAQ:+396.48(+3.01%)
S&P500:+90.67(+2.38%)

3月1日のNY市場は、3指数共に上昇し取引を終えました。
2月ISM製造業景気指数が3年ぶりの高水準であったにも関わらず、米10年債利回りの上昇は1.42%まで抑制された事が安心感に繋がり、実態経済も回復に向かっている事を確認できた事が好感され、値幅を伴った上昇となりました。
Johnson&Johnsonのワクチンが承認された事も景気正常化期待をさらに後押しする形となり、これまで売りが強かったハイテク株を筆頭に全11セクター全てが上昇しました。

国内市場

3月2日の日経平均は朝方はアメリカ市場の上昇を手がかりに、前日比+276.25円高で寄り付き、9:03には前日比+300円超まで上げ幅を拡大しました。
しかし心理的節目の30,000円までもう一歩!のところに来ると急に上値が重くなり、売りに押される形となり10:30過ぎにはマイナス圏に突入
その後押し目を拾う動きもみられましたが、米株先物上海総合ハンセン指数なども軟調な動きとなり、景気敏感株などに利益確定の売りが出て後場には一時前日比-300円を超える下げ幅を記録><

その後も軟調な動きを継続し、取引を終了しました。

日経平均

29,408.17円
(前日比:-255.33円/-0.86%

TOPIX

1,894.85p
(前日比:-7.63p/-0.40%

マザーズ

1,222.43p
(前日比:+4.98p/+0.41%

※p=point

東証一部売買代金

2兆6132億1200万円
(前日比:+1359億300万円)

東証一部出来高

12億9267万円
(前日比:+4266万株)

投資主体別売買動向

(毎週木曜日、JPXより公表)

空売り比率

40.6%(-0.6%)
(価格規制あり:32.7% / 価格規制なし:7.9%)

※JPX 空売り集計データより引用

恐怖指数

日経VI指数:24.92%(-1.32%)
米国VIX指数:23.35%(-4.6%)

日銀のETF買い状況

買い入れ無し

業種別騰落率ランキング

水産・農林業、その他金融業など8業種が値上がり。
これまで買いが強かった海運業、空輸業、鉱業などが大きく売られています。
25業種が値下がり。

(世界株価より引用 https://nikkei225jp.com/nikkei/gyoushu.php

本日の活況銘柄

値上がり銘柄

しばらく下落基調だった暗号通貨関連の、マネックスGリミックスがそれぞれ上昇!

値下がり銘柄

LINEとの経営統合を発表するも、材料出尽くしで4.82%下落となったZHD
2月IPO、女性向けモバイルオンラインゲームのコリーが昨日のストップ高から一転、12%超の下落。
同じく2月IPO、ソフト開発のアピリッツが16.7%下落、医薬品の製造販売の室町ケミカルは昨日を上回る11%超の下落。
昨年12月IPOのQDレーザーはまだまだ活況。本日は8.5%の下落。

(株探より引用 https://kabutan.jp/warning/?mode=2_9

まとめ

今日は結局、戻り売りに押される展開となりました ( ´∵`)

来週金曜日のメジャーSQも控え、なんとも神経質な展開が続きそうですね。
こんな時は焦らず、慌てず、危険な橋は渡らずで、お茶でもすすって一息つくのが良いのかも知れませんね^^笑

それではまた明日~!

当ブログは情報の提供を目的として運営しており、投資の勧誘を目的とするものではありません。
株式投資等の売買につきましては、自己責任にて行なってください。
当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動した場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当ブログのコンテンツについて、できる限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっている場合があります。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
念の為、掲載情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。