2021年3月3日の相場状況まとめ

2021年3月3日の相場状況まとめ

こんにちは!
ほくちゃん(@hokublo)です。
3月3日の相場状況まとめました~!それではみていきましょう(*^-^*)

今日の株式市場

3日の日経平均は、前日比+150.93円高の29,559.10円と反発して取引を終えました。

前日の米国市場

NYダウ:-143.99(-0.46%)
NASDAQ:-230.04(-1.69%)
S&P500:-31.53(-0.81%)

3月2日のNY市場は、NYダウは反落、NASDAQは3日ぶりに反落しました。
米長期金利上昇は一服しましたが、前日にNYダウが600ドル以上も反発した反動で、利益確定の売りに押される恰好となりました。
特にこれと言った材料も乏しく、市場には一服感が広がりました。
注目されていたブレイナード連銀理事の講演は緩和継続姿勢を示しこれといった混乱はなかったものの、金利上昇懸念は完全に払拭されず、テクノロジーハイテクなどの動きは軟調を継続するかたちとなりました。

国内市場

3月3日の日経平均は前日比+73.95円で寄り付きスタート。
9:10頃には前日比+108円高まで上げ幅を拡大しましたが、買い一巡後はプラス圏とマイナス圏を行ったり来たり。
しかし後場に入るとバリュー株を中心にじわりじわり強い動きがみられ、プラス圏を堅調に推移。
取引間際に本日の高値を付け取引を終えました。
マザーズはNASDAQが下落していた事も受け、2%程下落しました。

日経平均

29,559.10円
(前日比:+150.93円/+0.51%

TOPIX

1,904.54p
(前日比:+9.69p/+0.51%

マザーズ

1,197.66p
(前日比:-24.77p/-2.03%

※p=point

東証一部売買代金

2兆4664億3800万円
(前日比:-1467億7400万円)

東証一部出来高

12億650万株
(前日比:-8617万株)

投資主体別売買動向

空売り比率

41.5%(+0.9%)
(価格規制あり:34.3% / 価格規制なし:7.2%)

※JPX 空売り集計データより引用

恐怖指数

日経VI指数:23.23%(-1.69%)
米国VIX指数:24.10%(+0.75%)

日銀のETF買い状況

買い入れ無し

業種別騰落率ランキング

景気敏感の鉄鋼、非鉄金属、空輸業などに買いが集まっています。
30業種が値上がり。
電気、その他製品、サービス業の3業種が値下がり。

(世界株価より引用 https://nikkei225jp.com/nikkei/gyoushu.php

本日の活況銘柄

値上がり銘柄

2月IPO、医薬品の製造販売の室町ケミカルは3日ぶり反発でストップ高。
週足でカップウィズハンドル形成か!?話題のバリュー株、三菱ケミカルが賑わっていますね。
今日は鉄鋼業が強かった。代表選手日本製鉄がランクイン。
連日激しい動きを続けるホリエモンで話題のINCが11%超の上昇。

値下がり銘柄

LINEとの経営統合を発表するも、材料出尽くしで4.82%下落となったZHD
2月IPO、女性向けモバイルオンラインゲームのコリーが昨日の12%超下落に続き、本日も10%近く下落。
昨年12月IPOのQDレーザー連日の下落。
スマホ向けアプリ開発のイグニスは仕掛け的な売りがでて15%超下落。
MSワラント発表のダイヤHDが20%の下落。

(株探より引用 https://kabutan.jp/warning/?mode=2_9

まとめ

金利上昇が一旦落ち着いたとは言え、バリューに資金が流れているのは歴然のようですね。
材料も乏しく方向感にも欠けるため、様子見手控えムードとなりそうですね。

ひとまずは日柄調整で、29,500円あたりをしっかりと値固めしていただいて、SQ後に再度30,000円突破を目指すなんてシナリオはどうですかね?((´∀`*))

それではまた明日~!

当ブログは情報の提供を目的として運営しており、投資の勧誘を目的とするものではありません。
株式投資等の売買につきましては、自己責任にて行なってください。
当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動した場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当ブログのコンテンツについて、できる限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっている場合があります。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
念の為、掲載情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。