2021年3月9日の相場状況まとめ

2021年3月9日の相場状況まとめ

こんにちは!
ほくちゃん(@hokublo)です。
3月9日の相場状況まとめました!それではみていきましょう(/・ω・)/

今日の株式市場

9日の日経平均は、前日比+284.69円高の29,027.94円と4日ぶりに反発しました。

前日の米国市場

NYダウ:+306.14(+0.97%)
NASDAQ:-310.99(-2.41%)
S&P500:-20.59(-0.54%)

3月6日のNY市場は、高安まちまち。
追加経済対策の早期成立期待、ワクチン普及による経済正常化期待を受け、ダウは大幅上昇
一方、金利上昇懸念は拭えず、ハイテク、グロースなどの高PER銘柄は引き続き売り優勢の展開となりました。

今日もハイテクはおはぎゃぁーでした (;’∀’)

国内市場

3月9日の日経平均は4日ぶりに反発、29,000円を回復しました。

NYダウの大幅高を受け、日本製鉄などの鉄鋼株、三菱UFJなどの銀行株内需系の不動産業など、バリュー、景気敏感株などに買いが集まりました。

一方、NASDAQの大幅安の影響を受け、アドバンテスト、日本電産、ソニー、東京エレクトロン、レーザーテックなど、ハイテク、グロース株が売られる展開となりました。

前場はいまいち方向感の定まらないジグザグした動きで、マイナス圏とプラス圏を言ったり来たりといった感じでしたが、後場に入ると一段高く始まり、プラス圏を維持したまま堅調な動きをみせました。

日経平均

29,027.94円
(前日比:+284.69円/+0.99%

TOPIX

1,917.68p
(前日比:+24.10p/+1.27%

マザーズ

1,154.01p
(前日比:+6.15p/+0.54%

※p=point

東証一部売買代金

3兆2706億300万円
(前日比:+2843億4300万円)

東証一部出来高

16億2114万株

(前日比:+1億1012万株)

投資主体別売買動向

(毎週木曜日、JPXより公表)

空売り比率

40.7%(-0.7%)
(価格規制あり:33.2% / 価格規制なし:7.5%)

※JPX 空売り集計データより引用

恐怖指数

日経VI指数:25.19%(-1.7%)
米国VIX指数:25.47%(+0.81%)

日銀のETF買い状況

買い入れ無し

業種別騰落率ランキング

内需系の不動産、電気・ガス業、陸運業が強かったですね!
30業種が値上がり。
工業、電気機器、その他製品の3業種が値下がり。

(世界株価より引用 https://nikkei225jp.com/nikkei/gyoushu.php

本日の活況銘柄

値上がり銘柄

SBGが、出資するSPAC2社の上場発表を受け反発。
バリュー×配当狙いで三菱ケミHD、日本製鉄、日本郵政などが堅調に推移。
円安の影響を受け、トヨタ、日産自動車が上昇。
4日引け後に発表された、子会社の特許取得を材料に活況のsMedio
時価総1兆円目指すとトップメッセージの更新で、2連騰の宮越HD
中国に子会社設立を発表して、大黒屋が92.8%の上昇!!

値下がり銘柄

大型M&Aの報道がされたパナソニック。財務負担が警戒され大幅安。
金利上昇が懸念され、日本電算、ソニー、村田などのエレクトロニクスや、グロース、高PER銘柄が引き続き弱い動きを見せています。

(株探より引用 https://kabutan.jp/warning/?mode=2_9

まとめ

年度末に向けて、ファンドの調整売りが顕著になっています・・・!
米国債を保有しているファンドが利益の乗っているグロース株を売って、高配当のバリューにシフトチェンジしているようですね。

メジャーSQに向けて商いも増えています。

明日は相場が軟調になりやすい言われる、SQ週の「魔の水曜日」です( ;∀;)

今日の上昇は仕掛けなんじゃないか?!なんて用心深く考える、堅実プレイで手堅く波乗り継続中のほくちゃんでした。笑

それではまた明日!

当ブログは情報の提供を目的として運営しており、投資の勧誘を目的とするものではありません。
株式投資等の売買につきましては、自己責任にて行なってください。
当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動した場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当ブログのコンテンツについて、できる限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっている場合があります。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
念の為、掲載情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。