2021年3月15日の相場状況まとめ

2021年3月15日の相場状況まとめ

こんにちは!
ほくちゃん(@hokublo)です。
3月15日の相場状況まとめました!それではみていきましょう(*^-^*)

今日の株式市場

15日の日経平均は、前日比+49.14円高の29,766.97円と5日続伸しました。

前日の米国市場

NYダウ:+293.05(+0.90%)
NASDAQ:-78.81(-0.59%)
S&P500:+4.00(+0.10%)

3月12日のNY市場は、NYダウは6日続伸、S&P500が4日続伸と、両指数ともに最高値を更新。
NASDAQは反落して取引を終えました。
バイデン大統領は、5月1日までにアメリカの全成人がワクチンを接種できるように指示するとし、7月の独立記念日までには正常化に近づくと展望を述べた事で景気敏感株を中心に買いが集まりました。

一方、10年債利回りは再び上昇し、ハイテク・グロース株が売られる展開となりました。

国内市場

3月15日の日経平均は前日比+86.67円高で寄り付きスタート。
先週金曜日が前日比+506円の大幅高だった事もあり、序盤は利益確定の売りに押され、失速して下げに転じる場面もありましたが、経済正常化の期待から、景気敏感株出遅れバリュー株を中心に押し目買いの動きがみられ、プラス圏を維持しました。

一方ハイテク、グロース株は10年債利回りの上昇を受け、再び売られる展開となり、マザーズ指数はマイナス圏を推移する動きとなりました。

日経平均

29,766.97円
(前日比:+49.14円/+0.17%

TOPIX

1,968.73p
(前日比:+17.67p/+0.91%

マザーズ

1,196.89p
(前日比:-10.26p/-0.85%

※p=point

東証一部売買代金

2兆9345億9700万円
(前日比:-6889億7500万円)

東証一部出来高

15億4166万株
(前日比:-4124万株)

投資主体別売買動向

空売り比率

41.0%(-2.2%)
(価格規制あり:32.3% / 価格規制なし:8.7%)

※JPX 空売り集計データより引用

恐怖指数

日経VI指数:22.42%(+0.41%)
米国VIX指数:20.69%(-1.22%)

日銀のETF買い状況

買い入れ無し

業種別騰落率ランキング

海運業、空運業、銀行業など31業種が値上がり。
情報・通信、電気機器の2業種が値下がり。

(世界株価より引用 https://nikkei225jp.com/nikkei/gyoushu.php

本日の活況銘柄

値上がり銘柄

13日に資本業務提携を発表した楽天はストップ高。
そして日本郵政も2%超の上昇。
ビットコイン600万円越えで再脚光のマネックスG
三洋化成との資本業務提携発表でファーマフーズが8.76%上昇。
13日ストップ高をつけた鎌倉新書は本日も大幅上昇。
独医療関連企業と国内での眼内レンズ開発合意発表で25%超上昇のわかもと製薬

値下がり銘柄

2月IPOのQDレーザーは7%超の下落。
巨大な陰線出現で17%超下落のsMedio

(株探より引用 https://kabutan.jp/warning/?mode=2_9

まとめ

今日はTOPIXが高値引けと好調でしたね!
日経平均は小幅な上昇にとどまりましたが、東証一部の値上がり銘柄は1800銘柄と全体の82%もありました。

なんだか底堅さを感じますね・・・!

FOMC日銀の金融政策決定会合が終わるまでは大きな動きはなさそうですが、両者の動向をしっかり掴んでいっぱいお金を稼ぐシュミレーションをしているほくちゃんでした(∩´∀`)∩

それではまた明日~☆

当ブログは情報の提供を目的として運営しており、投資の勧誘を目的とするものではありません。
株式投資等の売買につきましては、自己責任にて行なってください。
当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動した場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当ブログのコンテンツについて、できる限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっている場合があります。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
念の為、掲載情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。