2021年4月14日の相場状況まとめ

2021年4月14日の相場状況まとめ

こんにちは!
ほくちゃん(@hokublo)です。
4月14日の相場状況まとめました!それではみていきましょう☆

今日の株式市場

14日の日経平均は、前日比-130.62円安の29,620.99円と反落しました。

前日の米国市場

NYダウ:-68.13(-0.20%)
NASDAQ:+146.10(+1.05%)
S&P500:+13.60(+0.33%)

13日のアメリカ市場は高安まちまち。
FDA(米食品医薬品局)とCDC(米国疾病予防管理センター)がジョンソン&ジョンソン製のコロナウィルスワクチンについて、深刻な副反応を理由に使用を一時中止するよう求めた事で、ワクチン接種の遅れが懸念され、空運レジャーなどアフターコロナ銘柄が一時大幅に下落しました。

一方CPI(米3月消費者物価指数)が市場予想を上回る強い結果となったものの、米10年債利回りが低下し、さらに米30年債の入札が好調に終了した後、一段と利回りが低下したことから、買い安心感が広がりました。

S&P500市場最高値更新となりました。

国内市場

日経平均

29,620.99円
(前日比:-130.62円/-0.44%

TOPIX

1,952.18p
(前日比:-6.37p/-0.33%

マザーズ

1,235.15p
(前日比:+18.91p/+1.55%

(※p=point

今日の日経平均は、前日比-33.55円安で寄り付きスタート。

外為が1ドル=108円80銭台とドル安に振れたことで株価の重しとなり、またコロナ感染の拡大、米ワクチンの副反応など、経済回復への悪影響が懸念され売りに押される展開となりました。

一方、米10年債利回りが低下し、NASDAQが上昇したことを受け、値がさのハイテク株に買いが入り相場を下支えする展開となりました。

※東証一部の値上がり銘柄:739銘柄、値下がり銘柄:1376銘柄。

東証一部売買代金

2兆2534億6600万円(前日比:-493億5600万円)

東証一部出来高

10億3628万円(前日比:+1967万株)

投資主体別売買動向

2021年3月第5週の売買動向はコチラ

(毎週木曜日、JPXより公表)

空売り比率

38.5%(-1.2%)
[ 価格規制あり:31.0% / 価格規制なし:7.5% ]

※JPX 空売り集計データより引用

恐怖指数

日経VI指数:16.82%(+0.3%)
米国VIX指数:16.65%(+0.26%)

日銀のETF買い状況

買い入れ無し

業種別騰落率ランキング

鉄鋼、精密機器、ゴム製品、陸運、電気機器の5業種が値上がり。
海運、繊維製品、非鉄金属など28業種が値下がり。

(世界株価より引用 https://nikkei225jp.com/nikkei/gyoushu.php

本日の活況銘柄

値上がり銘柄

トリチウム除去関連で注目されるイメージワンがストップ高。
年初来高値更新のBASE。巣ごもり需要の再増加期待で大幅上昇。
複数の海外ファンドが買収提案と伝わり東芝が新高値更新。
4月IPOのオキサイドが前日に続き、今期経常は30%増、5期連続最高益更新の決算を材料に12.46%の上昇。
SMBC日興証券の目業株価引き上げで富士フィルムが上昇。

値下がり銘柄

代表取締役会長の死去の影響を懸念し、グレイステクノロジーが10.38%の急落。
昨日ストップ高をつけたシキノHTが10.63%の下落。
赤字転落の決算発表を受け、シンワワイズが4.09%の下落。

(株探より引用 https://kabutan.jp/warning/?mode=2_9

まとめ

冴えない地合いが続きますね・・・(´-ω-`)

今日から、米国ではJPモルガンゴールドマン・サックスなどの金融機関の決算が発表されます。
これにより多少方向感が出てくるといいのですが、そうでなければ、このグダグダな感じがしばらく続きそうで怖いです(; ・`д・´)

行き場を失った資金は、確実に暗号通貨市場に流れているので、暗号通貨の買い増しも視野に入れる必要があるのかもしれませんね。

ただ税金の事を考えると、萎えてしまうのはほくちゃんだけでしょうか。笑

それではまた明日~!

当ブログは情報の提供を目的として運営しており、投資の勧誘を目的とするものではありません。
株式投資等の売買につきましては、自己責任にて行なってください。
当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動した場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当ブログのコンテンツについて、できる限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっている場合があります。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
念の為、掲載情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。