2021年4月19日の相場状況まとめ

2021年4月19日の相場状況まとめ

こんにちは!
ほくちゃん(@hokublo)です。
4月19日の相場状況まとめました!それではみていきましょ~(*´▽`*)

今日の株式市場

19日の日経平均は、前日比+2.00円高の29,685.37円と3日続伸(横ばい><)して取引を終えました。

前週(金曜日)の米国市場

NYダウ:+164.68(+0.48%)
NASDAQ:+13.58(+0.10%)
S&P500:+15.05(+0.36%)

3月住宅着工件数、建設許可件数はいずれも市場予想を上回り、景気回復期待が続き、各企業の決算発表もおおむね良好とあって市場は強気のセンチメントを維持する格好となりました。

NYダウ、S&P500ともに史上最高値を更新しました。
NASDAQも2日続伸となりました。

国内市場

日経平均

29,685.37円
(前日比:+2.00円/+0.01%

TOPIX

1,956.56p
(前日比:-4.31p/-0.22%

マザーズ

1,257.16p
(前日比:+6.69p/+0.53%

(※p=point

今日の日経平均は、前日比+4.95円高で寄り付きスタート。
開始早々、すぐにマイナス圏に沈み、一時前日比-157円程まで下げ幅を拡大しましたが、29,500円付近を底に買いが入り、値を戻し再びプラス圏に浮上しました。

後場はアジア市場が上昇していることから、上げ幅を拡大して始まり、29,800円台まで値を乗せる場面もありましたが、14時過ぎには売りに押され下げに転じました。

終盤はプラス圏とマイナス圏を行き来する動きが続き、かろうじてプラスを確保し取引を終えました (;´∀`)

※東証一部の値上がり銘柄:1000銘柄、値下がり銘柄:1094銘柄。

東証一部売買代金

2兆601億4800万円(前日比:+45億6800万円)

東証一部出来高

9億1823万円(前日比:+908万株)

投資主体別売買動向

2021年4月第1週の売買動向はコチラ

(毎週木曜日、JPXより公表)

空売り比率

40.3%(+1.2%)
[ 価格規制あり:32.7% / 価格規制なし:7.6% ]

※JPX 空売り集計データより引用

恐怖指数

日経VI指数:18.30%(+0.73%)
米国VIX指数:16.25%(-0.32%)

日銀のETF買い状況

買い入れ無し

業種別騰落率ランキング

海運業、金属製品、ゴム製品など11業種が値上がり。
空運業、陸運業、不動産業など22業種が値下がり。

(世界株価より引用 https://nikkei225jp.com/nikkei/gyoushu.php

本日の活況銘柄

(株探より引用 https://kabutan.jp/warning/?mode=2_9

値上がり銘柄

4月13日IPOの紀文食品が5日続伸。前日比+20.72%の上昇。
原発汚水処理関連の環境管理センターがストップ高。
日経新聞のインタビュー記事を手掛かりにSUMCOが5%を超える上昇。
火災被害を受けた工場の生産再開が伝わりルネサスが4.30%の上昇。
中国企業との戦略的提携契約締結を発表した倉元製作所が14.38%の大幅上昇。

値下がり銘柄

ビットコインの失速を受けてマネックスGが急落。
ANA、JALが揃って3%を超える下落。
英国のファンドが買収提案を保留と伝わり東芝が4.35%の下落。
先週買われていた資生堂は利益確定の売りに押され大陰線。

まとめ

今週も始まりました~!

日経平均は2円高と、なんとも・・・なんとも・・・な結果でした(;・∀・)
決算発表が本格化するその時まで、エネルギーを溜めこんでいるんでしょうね!?
そういうことにしておきたいと思います。笑

日本時間の21日2時にはアップル新製品の発表会があります!

それに伴い、ハイテク関連や電子部品銘柄なんかに思惑買いが集まるかもしれませんね。
それではまた明日!

当ブログは情報の提供を目的として運営しており、投資の勧誘を目的とするものではありません。
株式投資等の売買につきましては、自己責任にて行なってください。
当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動した場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当ブログのコンテンツについて、できる限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっている場合があります。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
念の為、掲載情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。