2021年5月20日の相場状況まとめ

2021年5月20日の相場状況まとめ

こんにちは!
ほくちゃん(@hokublo)です。
5月20日の相場状況まとめました!それではみていきましょう(≧▽≦)

今日の株式市場

20日の日経平均は、前日比+53.80円高の28,098.25円と小幅反発して取引を終えました。

前日の米国市場

NYダウ:-164.62(-0.48%)
NASDAQ:-3.90(-0.03%)
S&P500:-12.15(-0.29%)

FOMC議事録発表を前に警戒が先行し、市場は幅広く売られ、全11セクターが下落して始まりました。
NYダウは一時586ドル安まで下げ幅を広げましたが、押し目買いの動きもみられじりじりと持ち直す展開に。

午後2時に公表されたFOMC議事録ではテーパリングの可能性が言及されたことで、米10年債利回りが急上昇し市場は反落しましたが、インフレは一時的との楽観論も交錯し、株価は上下に振れる動きに。その後は引けにかけて落ち着きをみせ、戻り基調で取引を終えました。

国内市場

日経平均

28,098.25円
(前日比:+53.80円/+0.19%

TOPIX

1,895.92p
(前日比:+0.68p/+0.04%

マザーズ

1,103.75p
(前日比:+11.68p/+1.07%

(※p=point

今日の日経平均は前日比-168.95円安と売り優勢で寄り付きスタート。
早い段階で安値をつけると、すぐに反転しプラス圏に浮上しました。
上げ幅を前日比+160円程まで広げると、戻りに売り押されて失速。

その後は高くなれば売りもでてくるという状態が続き、最終的には小幅な上昇で取引を終えました。

※東証一部の値上がり銘柄:1385銘柄、値下がり銘柄:703銘柄。

東証一部売買代金

2兆1734億2200万円(前日比:-3365億3700万円)

東証一部出来高

9億9465万株(前日比:-1億7019万株)

投資主体別売買動向

★5月20日更新!

【2021年5月第2週:5月10日~5月14日】

個人:+4452億8300万円の買い越し
海外投資家:-4214億7600万円の買い越し

GW明けの2日に強い上昇を見せて、翌週に叩き売る、個人が海外勢の仕掛けにまんまとかまされた構図ですね…(; ・`д・´)

(毎週木曜日、JPXより公表)

空売り比率

43.9%(-3.2%)
[ 価格規制あり:34.1% / 価格規制なし:9.8% ]

※JPX 空売り集計データより引用

恐怖指数

日経VI指数:24.75%(-0.98%)
米国VIX指数:22.18%(±0%)

日銀のETF買い状況

買い入れ無し

業種別騰落率ランキング

繊維製品、その他金融業、金属製品など15業種が値上がり。
鉄鋼、鉱業、空運業、非鉄金属など18業種が値下がり。

(世界株価より引用 https://nikkei225jp.com/nikkei/gyoushu.php

本日の活況銘柄

(株探より引用 https://kabutan.jp/warning/?mode=2_9

値上がり銘柄

直近IPOのブロードマインドが24.83%の上昇。
昨日、宿泊用カプセルボックス「まゆ玉クリーン」を阪神電気鉄道から受注したと発表しストップ高をつけたTBグループが8.88%の上昇。
昨日ストップ高を付けた直近IPOのサイバートラストが13.15%の上昇。

値下がり銘柄

急騰を続けていたバイオ創薬ベンチャーのジーエヌアイグループが14.46%の下落。
空運業のANAJAL、鉄鋼の日本製鉄JFEが揃って下落。

まとめ

今日もお疲れさまでした!

昨日のFOMC議事録でいよいよテーパリングの可能性が現実味を帯びてきましたね。
セルインメイの時期も重なり、買いだけでこの相場に挑むのは危険な気がします。

ヘッジ売りも上手に使いながら、または早い夏休みに入るくらいの余裕をもって波乗りするのがいいかもしれませんね( `ー´)ノ

それではまた明日~!

当ブログは情報の提供を目的として運営しており、投資の勧誘を目的とするものではありません。
株式投資等の売買につきましては、自己責任にて行なってください。
当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動した場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当ブログのコンテンツについて、できる限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっている場合があります。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
念の為、掲載情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。